ガラス屋がおすすめする複層ガラスのメリットとおすすめポイント

ガラス屋さんも大推薦~住宅の機能性を高める複層ガラスの効果~

ガラス

ガラスと一言で言っても様々な種類のガラスがあります。その中でもガラス屋が薦める複層ガラスについてご紹介します。

複層ガラスの構造とは

ガラス屋さんが推奨している複層ガラスとは、普通の1枚ガラスとは違い、「スペーサー」という金属部品を組み込み、2枚のガラス板とその間に空気の層を持ったガラスです。2枚のガラス板の間に空気層を入れることによってより断熱性の高い構造になっています。通常ガラスというのは内外の温度差によって結露が発生することや外の空気を伝えやすいため冷暖房の効果が低くなってしまうなどの問題が起きやすいのですが、複層ガラスであればこのような問題は起きにくくなります。

複層ガラスを施すことで得られる効果

冬も温かく過ごせる
通常のガラスだと外の冷気を家の中に伝えてしまうため暖房を付けていても窓付近は寒くなるといった現象が起きてしまいます。しかし、複層ガラスは外の空気を伝えにくくしているため、冬の暖かさは複層ガラスにするだけでかなりの効果を得られます。このため、ガラス屋さんでは複層ガラスをお薦めしているのです。
結露を防げる
冬や梅雨に発生しやすい結露は、窓を濡らすだけではなくカーテンも濡れてしまいます。そのため、カビが発生する原因にも繋がってしまいます。複層ガラスの場合、結露が発生してしまうような温度差を防いでくれるので、結露はほとんど発生しません。このため、結露を防ぎたい場合はガラス屋さんへ複合ガラスの問い合わせをしてみましょう。
防犯・防火効果も得られる
複層ガラスの1枚を防犯ガラスや防火ガラスにすれば、防犯や防火効果を得ることができます。空き巣は盗みで侵入する場合、侵入が簡単なガラスを破って中に入ってきてしまいます。そのため、防犯性の高いガラスにすることで家全体の安全性も高められるのです。ガラス屋さんで販売している複合ガラスで安全性の高い住まいを手に入れることが可能です。

上記のようなメリットから、現在新築やリノベーションなどの家づくりの中で、複層ガラスを導入する住宅がどんどん増えてきています。

お住まいの気候によって適した複層ガラスの種類

同じ日本でも住んでいる地域によって気候は様々です。そこで、地域の気候に最適な複層ガラスについてご紹介します。

地域によって異なる複層ガラスの効果

寒冷地の場合は高断熱効果を発揮してくれます!

北海道や東北、北陸地方などの寒冷地には高断熱複層ガラスがおすすめです。なぜなら、ガラスとガラスの間にある中空層だけではなく、部屋側のガラスに特殊金属膜も加えることで、より断熱性の高い複層ガラスとなるからです。このため、冬でも家の中の暖房を逃さず、外の空気をシャットダウンさせることができます。冬の寒さが厳しい寒冷地だからこそ導入したい複層ガラスです。

温暖地の場合は遮熱高断熱が高いガラスに変身

九州や沖縄などの温暖地には、遮熱高断熱複層ガラスがおすすめです。遮熱高断熱複層ガラスは外側のガラスに特殊金属膜をコーティングすることで、夏に照りつける日差しをおよそ6割もカットし、冷房の効果を高くしてくれます。もちろん断熱効果も高いため、冬の寒い時期にも安心です。紫外線カット率や防露性も非常に高いですよ!

住んでいる地域によって複層ガラスは違った種類のものを選択することが大切です。どの複層ガラスにするか悩んだ時はガラス屋さんへ相談しましょう。

TOPボタン